お出かけ

谷汲山華厳寺 巡礼の終着駅 西国三十三所観音霊場

谷汲山華厳寺に参拝してきました

岐阜県揖斐川町谷汲にある谷汲山華厳寺。

西国三十三所観音霊場の巡礼の終着駅でもある華厳寺は、たにぐみさんと呼ばれ親しまれます。

華厳はは春は桜、秋は紅葉も楽しめるます。

 

参道の前には大きい山門があるのですぐに場所はわかります。

山門をくぐりシーズン中だとすぐに町営駐車場などがあります、私がお邪魔した時はシーズンオフだったので、お寺さんに一番近い駐車場まで行けました。

旅館や食べ物やさん、華厳寺まで○○丁(距離)を示した石碑が設置されています。

 

仁王門

ここだけでも立派ですね。

夏にお邪魔したので木々の緑が鮮やかな道を進んでいきます。

時間の関係で今回は本堂のみの見学になります(いろいろな見どころがありますが)

 

 

豊川稲荷分院

名前が間違っていたらすみません。

 

本堂に行くまでの間いろんなお堂や池、お百度石などもありました。

今度は絶対すべて残らず、しっかりカメラに収めたいと思います。

 

手水

お釈迦様でしょうか?

清い水をいただけ、ありがたいものをお裾分けいただいているような気分になりますね。

運動不足の体にはためらってしまう階段です。

私は平たんな道を歩くのは長時間でも平気なのですが、階段坂道は本当に苦手です。

ですがせっかくなので登っていきます。

 

石灯篭

あとほんの少し。

石灯篭がハート型になっているのはわかるでしょうか?

際には猪目(いのめ)型といって猪目文様というものみたいです。

 

精進落としの鯉

巡礼最後の地で、巡礼者達の方たちが撫でることにより精進を落として俗界に戻るこということ。
精進落としの鯉は右側は口を開けて、左側は口を閉じています。

 

本堂

参拝して戻ります。

 

奥の院などがあるようですが。体力と時間がないため断念。

興味あるかたは、登山と表現されている方もいろようなので、動きやすい服装・靴で行かれることをお勧めします。

近くには昆虫博物館(有料)旧名鉄谷汲駅に駅をそのまま残してあり、電車が展示してあります(無料)

谷汲山華厳寺 情報

住所

  • 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23

拝観時間

  • 8時00分~17時00分

拝観料

  • 無料

休み

  • 期間中無休

駐車場

  • 揖斐川町谷汲観光駐車場 日曜、祝日および特定期間 1000円

御朱印

  • 3種類 各300円

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です